三原国際研究基金授与|横浜・藤が丘で整形外科なら昭和大学藤が丘病院整形外科にお越しください

NEWS・TOPICS

トップに戻るHP更新情報・学会発表情報三原国際研究基金授与

三原国際研究基金授与

2017/05/30

三原国際研究基金を2名の先生が授与されました。

三原国際研究基金とは・・・
昭和大学藤が丘リハビリテーション病院整形外科 講師 三原 研一先生(昭和59年昭和大卒)は
平成23年5月26日ご逝去されました。闘病中も「英語論文執筆サポーター」を執筆なさり、
ご逝去後になりましたがメジカルビュー社より出版いたしました。

若い医局員が英文論文を沢山執筆すること切に願っておりました。
ご遺族より研一先生の願いを希望としたご寄付があり『三原国際研究基金』が開設いたしました。

英文論文掲載、国際学会発表での活躍した先生に、役員選考のうえ授与されております。

受賞者挨拶

准教授 西中 直也先生

『Determination of In-Vivo glenohumeral translation during loaded and unloaded arm elevation』

Showa Univ J Med Sci 28(4)

この度は僕自身、3回目となる三原国際研究基金を受賞すること出来ました。
三原研一先生の一番弟子を自負する僕としては、天国の三原先生およびご遺族への感謝を形として
表すことの出来る手段であり励みとなっています。この様な基金を設立下さり誠に感謝致します。
次回は後輩から受賞者が出るよう共に努力します。ありがとうございました。

講師 髙木 博先生

『Case series report of navigation-based in vivo knee kinematics in total knee arthroplasty with a gradually reducing femoral radius design』

Annals of Medicine and Surgery 17

このたびは、三原国際研究基金を頂きまして、誠にありがとうございます。
医局員として大変光栄であります。このたびの受賞を受けましたことを胸に、
これからも医局の発展のために尽くしてまいりたいと存じます。