第45回日本マイクロサージャリー学会参加報告(大阪 2018/12/6-7)|横浜・藤が丘で整形外科なら昭和大学藤が丘病院整形外科にお越しください

NEWS・TOPICS

トップに戻る医局レポート学会参加報告第45回日本マイクロサージャリー学会参加報告(大阪 2018/12/6-7)

第45回日本マイクロサージャリー学会参加報告(大阪 2018/12/6-7)

2018/12/18

今回の学会は、昭和大学横浜市北部病院の川崎先生にお声かけ頂き参加することとなりました.

2013年から昭和大学藤が丘病院整形外科の外傷診療に、マイクロサージャリーが導入されました.
恩師土田義彦先生を中心とした、札幌徳洲会病院外傷センターの先生方に指導を受け私(安田)が導入し実践している分野です.
我々のマイクロサージャリーや組織再建の歴史は浅いですが、少しずつ根付きマイクロサージャリーを要する皮弁や神経、血管、切断指の手術も増え年間40例以上となりました. ようやくアウトプットである学会報告や論文報告ができる症例数になってきたので、学会報告を試みました.

学会ではお世話になった辻 英樹先生、松井 裕帝先生方が座長やシンポジストを務めており圧倒されるような雰囲気でしたが無事発表を終わり、今後も諸先生方に追いつけるよう努力、後輩の指導をしていきたいと思います.  (安田 知弘, 篠原 大地)