外傷班 研究|横浜・藤が丘で整形外科なら昭和大学藤が丘病院整形外科にお越しください

外傷班 臨床研究

トップに戻る研修医のみなさんへ各診療班紹介外傷班外傷班 臨床研究

臨床研究

イリザロフ法による四肢再建

イリザロフ法による四肢再建

重度四肢外傷、変形、短縮、骨髄炎、拘縮、感染性偽関節に対しイリザロフ法を用いた再建や変形矯正、脚延長、骨髄炎手術を行っております。

主な研究テーマ
イリザロフワイヤーの術後緩みに関する研究
四肢イリザロフワイヤーの適正刺入部に関する研究
延長仮骨評価法
▶学会・論文

大腿骨転子部骨折

大腿骨転子部骨折

基礎研究(肉眼解剖学および3D−MPR法)からフィードバックされたデータをもとに臨床応用しております。後方成分の評価、およびアプローチ、術後転位評価等。より優れた整復と治療成績を求め研究をおこなっております。

主な研究テーマ
Osirixを用いた術後転位評価(回旋転位、telescope)
▶学会・論文

脛骨骨幹部骨折

脛骨骨幹部骨折

日本で初めてにExtra-Articular Techniqueを導入。アプローチ方法やディバイス(スリーブ)を研究しEFORTなど国際学会での報告を行っております。

主な研究テーマ
Patella Eversion Techniqueを用いた脛骨骨幹部に対する髄内釘手術とその評価
▶学会・論文

他施設共同研究

X線非使用のターゲティングシステムを用いた脛骨髄内釘の遠位横止め法

遠位横止め法

脛骨骨折に対する脛骨髄内釘の遠位横止めを従来のレントゲン透視画像を用いず磁気を用いて施行します。レントゲン透視時間、手術時間等の評価を行います。

▶学会・論文

研究協力
昭和大学医学部解剖学講座
肉眼解剖学部門
教授 大塚 成人
新座志木中央病院
院長 林 淳慈
東戸塚記念病院
院長 山崎 謙
ひたち医療センター
整形外科部長 圓谷 智海

基礎研究

生体骨構造解析

生体骨構造解析

系統解剖の解剖体を用いた、形態計測学的研究、手術の新しい術式検討、開発を行っております。

主な研究テーマ
(下肢)
CT-3D-MPR法による、大腿骨転子部骨折での
皮質骨形態解析
ホルマリン固定標本をもちいた大腿骨転子部領域の
形態学的研究
(上肢)
ホルマリン固定標本をもちいた手指の形態学的研究
▶学会・論文

位置感覚研究

位置感覚研究

整形外科、特に外傷の分野における臨床評価は疼痛、可動域、知覚、筋力、歩行、日常生活動作が中心であり位置感覚という感覚的アプローチの評価を検討すべきである。 スポーツの分野では、一部行われているが外傷の分野では皆無である。
本研究では位置感覚検査を施行し誤認された位置を測定・定量化する。 その結果より病態に対する治療、機能再獲得のための情報(適切な運動療法の選択、手術適応の決定、術式の選択など)を得ることを目的とする。

▶学会・論文

研究協力
昭和大学医学部生理学講座
生体調節能学部門
教授 泉崎 雅彦

共同研究や医工連携、研究内容に関する問い合わせ
fujiortho@med.showa-u.ac.jp