整形外科医を目指した理由|横浜・藤が丘で整形外科なら昭和大学藤が丘病院整形外科にお越しください

先輩からのメッセージ

トップに戻る先輩からのメッセージ酒井 健 平成21年入局

酒井 健 平成21年入局

整形外科医を目指した理由

私は学生や研修医の頃から、外科系に進みたいと思っていました。手術で患者さんを救うことはやりがいがありそうだなと思っていたからです。研修医の時には、他の外科の入局を考え、迷うこともありました。しかし、整形外科の先生方は忙しい中、検査結果や手術手技、外来での整復固定法などまで熱心に指導してくださいました。また、先輩の先生方が治療すると、歩くことができなかった患者さんが歩けるようになり、骨折や変性疾患等で日常生活の際、不便を感じていた患者さんが笑顔で退院していく姿を見て、患者さんから感謝される素晴らしい科だなと思い、この先輩方のような医師になりたいと思ったのがきっかけです。

藤が丘に入局した理由や医局の魅力

私が藤が丘に入局した理由は先輩の先生方の面倒見がとてもいい点です。実は私は他大学出身です。にもかかわらず、先輩方は親身になって指導をしてくださいます。専門医を取るまでの間に学会発表と論文が必要となりますが、新入局員一人一人にチューターという先輩が担当者となり、学会発表と論文の作成指導をしてくれます。これによりほとんどの医局員が最短で専門医試験を受けることができる状態となっています。このシステムは他の医局にはない優れたシステムだと思います。今後専門医制度は変更となりますが、変わらず先輩方は先生方の指導をしてくれ、力になってくれます。また、我々の医局は上肢班、外傷班、股関節班、膝関節班、脊椎班の専門性に特化したチームに分かれており、特にスポーツでは日本代表レベルの選手の診療も行っている点も大きな魅力の一つです。


現在までの取り組み・今後について

私は現在入局7年目ですが、手外科を専門にしています。研修医の頃に手外科の手術や診療に携わった際に、マイクロサージャリ―(切断指再接着)や細かい手術手技を診て、他の分野にはない素晴らしい技術だと思い、これを自分もできるようになりたいと思いました。また、その頃からお世話になっている先輩の先生がいるのですが、現在も指導して頂いており、私の憧れであり、目標となっています。


臨床の仕事をしながら、毎年学会発表を4~5回ほど行うという厳しい(?) 教育を受けていますが、その先輩は私以上に学会発表や口演をされており、そのような忙しい中、私の指導に時間を割いてくださっていることに大変感謝しています。昨年はまだ整形外科を始めて7年目なのですが、海外での発表やシンポジストなどをさせて頂くことができ、とてもやりがいを感じています。


また、今年は臨床の技術を身に着けるため、国内留学をさせて頂けることになりました。まだ若手ではありますが、留学に行くことを認めてくれた医局にも大変感謝しています。


今後はさらに臨床や研究を続け、手外科専門医を取得し、先輩のような医師になることが目標です。


研修医の先生へメッセージ

やりたいことなどが分からず、今後どうすればいいのか悩んでいる先生も多いかと思いますが、それが普通だと思います。でも我々の医局で一緒に仕事すれば技術や知識も身に付き、きっとやりたいことも見つかるかと思います。先生方の入局をお待ちしています。


酒井 健
(平成21年入局・聖マリアンナ医科大学卒)