えにわ病院に留学して(第2報)

えにわ病院に留学して(第2報)

平成22年入局の石川翼です。
股関節診療班に所属し、2019年4月から北海道恵庭市にある我汝会えにわ病院で国内留学させていただき9か月が経過しました。

えにわ病院での研修は、「とにかく多くの手術入ること、経験すること!」を優先させて頂いており、4月から変わらないペースで日中はほとんど手術室に入っておりました。

私は1年間、股関節での研修を希望させて頂きましたので、気が付けば股関節だけで500例近くの手術に入っておりました。股関節手術のアプローチや使用インプラントはスタッフの先生により様々であり、後方、側方、前方、セメント使用THAについて幅広く学ぶことが出来ました。股関節疾患に対する手術療法において、少しずつではありますが、治療、手術手技のパターンが、自分の中で構築されてきております。北海道遠方の医療過疎地からも手術を目的に来られた方に対して、術後合併症を限りなくゼロにすることで、退院後不安なく遠方でも生活を送っていただけるよう、医師、コメディカルが連携することの重要さを感じました。


短い夏が終わったかと思うと、すぐ寒くなり雪の季節になりました。週末は十分に時間がとれたため、これまで家族と北海道観光をしながら休日を楽しむことが出来ました。

留学生活も残り3ヶ月となりました。悔いのないように総仕上げのつもりで過したいと思います。えにわ病院で得た臨床経験のみならず、家族と過ごした北海道での生活は、家族や自分にとって幸せな1年間であり、貴重な財産となっています。経験未熟な小生に丁寧に指導して頂いた感謝の気持ちをもって、これを無駄にするこのないよう今後の診療に生かしていきたいと思います。

交通アクセス

昭和大学藤が丘病院整形外科

〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30
TEL:045-971-1151(代表)

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院

〒227-8518 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-1-1
TEL:045-974-2221(代表)

関連リンク