小児整形

小児

当科の小児整形外科部門は当院開院時に齊藤進名誉教授が開設され、日本小児整形外科学術集会の会長を務めるなど古い歴史があります。主に先天性股関節脱臼を含む股関節疾患や先天性内反足や下肢疾患をメインとして診療しております。当科では診療に被曝のない超音波検査いち早くとりいれ、扇谷・関原両兼任講師、伊藤講師は日本整形外科超音波学会の乳児股関節セミナーの講師もしています。クリニックのみならず総合病院クラスでも小児整形を専門としている病院が少ない中、当院は横浜市北部地域の小児整形外科分野において重要な役割を果たしております。また、昭和大学の他の附属病院である昭和大学横浜市北部病院、昭和大学江東豊洲病院にも小児整形専門医を配置し情報を共有しながら日々診療にあたっております。学会発表や論文作成にも力をいれています。

代表的な疾患と治療

小児の疾患・治療について

小児は成長過程にあるという事で疾患の治療法が成人とは異なります。小児整形外科疾患は子供の成長共に改善する場合も多く、保存的加療がメインとなりますが、手術が必要となる症例には手術加療も行っております。また成人の整形外科疾患と比べて取り扱っている病院が少なく、どの病院を受診すれればいいかお困りの御家族も多いかと思います。
成人の整形外科疾患と同様に脊椎、上肢、下肢疾患の全分野が含まれますが当院の小児整形外科では主に発育性寛骨臼形成不全(先天性股関節脱臼を含む)や先天性内反足を始めとする下肢疾患をメインに診療しています。また、上肢疾患に関しては上肢班や手の外科の先生、脊椎疾患に関しては脊椎班の専門領域になりますので、どうぞ気兼ねなく相談して下さい。小児整形外科疾患では超音波検査が診断・治療に有用な疾患が多く、当院では超音波検査を取り入れる事により被曝のない検査も併用しています。

寛骨臼形成不全

生まれつきや成長の過程で股関節が脱臼していたり、股関節の屋根側(寛骨臼)が急峻な状態です。脱臼している場合は治療が必要でまずはリーメンビューゲルという装具で治療を行い、装具で脱臼が整復されない場合は入院しての牽引療法(数週間)を行い全身麻酔下で整復、ギプス固定とし治療していきます。また脱臼整復後の経過の中で寛骨臼の急峻が残存したり再脱臼する場合は手術療法を行う事があります。

装具

装具

牽引療法

牽引療法

脚長不等

なんらかの病気の影響(先天性疾患や骨折など)や原因がなく(特発性)、成長ともに両脚の長さの違いが出現する疾患です。長さの違いが大きくなると、背骨が曲がってきたり(側彎)、股関節や膝関節の痛みが出現する事があります。両脚の長さの差が2cm程度までであればインソール、厚底靴などで調整をしてきます。2cm以上になると将来的に背骨や股・膝関節の疼痛の原因にもなりますので、成長過程であれば長い方の脚を短くする手術(骨端線成長抑制術)を行います。

術前

術前

術後

術後

先天性内反足

生まれつき足が下(尖足)と内側(内反)を向いている病気です。早期に治療開始が必要な疾患で、まずはギプスによる矯正を数回行い、その後アキレス腱を切って矯正します。その後装具を4歳くらいまで装着します。変形再発や遺残変形があり、歩行時に足底接地にならない場合は手術になる場合があります。 

内反足

内反足

ギプス

ギプス

筋性斜頸

生後から首のところの胸鎖乳突筋という筋肉が片側だけ腫大している状態です。片側だけ腫大するため、腫大している側に首を傾け顔は反対を向くようなかたちになります。まずは御両親に顔を向いている向きとは反対から呼びかけてもっらたっり赤ちゃんの興味のあるものを反対側においたりなどで様子をみていきます。3歳以降で症状が改善しない場合は腫脹している筋肉を切離する手術を検討していきます。

スタッフ

講師 副医局長

村上 悠人

YUTO MURAKAMI

専門領域

●足部・足関節

●小児整形

認定医・専門医など

●日本整形外科学会専門医

助教

田邊 智絵

SATOE TANABE

専門領域

●股関節外科

●小児整形

認定医・専門医など

●日本整形外科学会専門医

●難病指定医

講師

伊藤 亮太

RYOTA ITO

専門領域

●股関節外科

●小児整形

認定医・専門医など

●日本整形外科学会認定整形外科専門医・指導医

●日本整形外科超音波学会幹事

●難病指定医

●身体障害者福祉法指定医師

兼任講師

関原 力

CHIKARA SEKIHARA

専門領域

●小児整形

認定医・専門医など

●日本整形外科学会専門医

●日本整形外科学会スポーツ医

●日本整形外科超音波学会幹事(乳児股関節エコーセミナー公認講師)

実績

201520162017201820192020
先天性股関節脱臼に対する全身麻酔科ギプス巻き 1 1 - - 1 -
骨端線成長抑制術 - 1 - - - 6
先天性内反足に対するアキレス腱切腱 2 1 1 - - -
合計 3 3 1 0 1 6

受診される方へ

高度な専門医療を提供するため、
原則的に紹介外来制をとっています。
紹介状をお持ちでない患者様には、保険診療分とは別に選定療養費が必要となります。
初診時にはなるべく近隣の医療機関からの紹介状をお持ち下さい。
受診時の持ち物・診察の流れ等に関しての詳細は、病院ホームページにてご確認ください。

小児班からのお知らせ

  • 小児整形

    第30回日本小児整形外科学会で発表を行います。

交通アクセス

昭和大学藤が丘病院整形外科

〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30
TEL:045-971-1151(代表)

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院

〒227-8518 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-1-1
TEL:045-974-2221(代表)

関連リンク