整形外科医を目指した理由|横浜・藤が丘で整形外科なら昭和大学藤が丘病院整形外科にお越しください

先輩からのメッセージ

トップに戻る先輩からのメッセージ瀬上 和之 平成21年入局

瀬上 和之 平成21年入局

整形外科医を目指した理由

私は実家が山村にあり、病院が近くになかった影響で、初期研修医の頃は救急医を目指していました。しかし,研修医時代に各科の先輩医師から指導を受ける中で、徐々に整形外科に興味を持つようになりました。私は当時、大阪にある淀川キリスト教病院で初期研修医、後期研修医として勤務していましたが、救急医療は基本的に断らない方針であった為、多くの緊急疾患や手術を経験できました。整形外科分野では、切断指の再接着、コンパートメント症候群、脊髄麻痺、小児の肘周辺骨折や大腿骨骨折、開放骨折など、ありとあらゆる手術を指導していただきました。整形外科の先輩医師達は、こういった忙しい中でも学会発表や論文作成を積極的に行い、また夜間の緊急手術の呼び出しの時にも、研修医である私を助手に手術をしながら熱心に指導してくださり、多くのチャンスをいただきました。ある先輩医師に骨折について質問すると、ロックウッド(骨折の教科書,英語)をまず読むように、また分からないことがあればそのことに関わる論文や教科書を3つは読むようにアドバイスして下さいました。このような熱い志をもった先輩医師の姿が、いつか自分もこのような医師になろうと整形外科を目指したきっかけであったと思います。

医局の魅力

私の出身は岡山県倉敷市にある川崎医科大学です。妻が昭和大学出身であり、家族の事情で東京に転居することとなり6年前に藤が丘病院の整形外科に入局させていただきました。医局の魅力は、医局員の仲が非常に良く、他大学者であっても努力すれば平等にチャンスが与えられることだと思います。私は脊椎外科医ですが、先輩医師から多くの執刀手術のチャンスを頂いています。まだまだ未熟ですが、与えられたチャンスを生かすことができれば、患者さんの助けになる脊椎外科医になれると確信しています。


また、先輩医師は父や兄のような存在で、厳しくも熱心に指導して下さいます。これまで私も何度か手術手技で壁に当たり、先輩医師からの言葉に助けられました。


また、留学を希望している先生には多くのチャンスがあります。私も、近々留学する予定です。


将来の目標

きっちりとした手術手技をまず身に着けることです。その上で、後輩に多くの手術のチャンスを与えることです。次に、自分たちが経験したことを論文などの形で残していくことです。私自身がいつか目標とされる整形外科・脊椎外科医となれるよう日々精進します。


研修医の先生へメッセージ

時間は大切です。私の子供の絵本に、聖路加国際病院の日野原先生の言葉が書いてありました。「命をかけて何かをする、それは自分の時間をかけて何かをすることです。命とは、自分の時間のことです」。患者や家族の涙に寄り添おうと思えば、医師の仕事は命をかけてする必要がある仕事です。藤が丘病院で一緒に切磋琢磨しましょう。


瀬上 和之(平成21年入局・川崎医科大学卒)