募集要項|横浜・藤が丘で整形外科なら昭和大学藤が丘病院整形外科にお越しください

募集要項(新専門医制度のご案内)

トップに戻る研修医のみなさんへ募集要項(新専門医制度のご案内)

2016年度(2017年3月)以降に初期臨床研修を修了する医師が対象となる専門医制度です。学会を主体とした専門医ではなく、日本専門医機構が専門医の研修、認定を行います。

初期臨床研修修了後の4年間が対象期間となります。最低2カ所以上の病院(必ず大学病院を含む)で研修をすることになります。脊椎や外傷など、11分野48単位の取得が必須となります。

2019年度
昭和大学整形外科 新専門医専門研修プログラム募集要項

募集形態

1.新専門医制度の希望者(大学院生を除く)

以下の【昭和大学 専攻医】募集要項を確認ください。
http://www.showa-u.ac.jp/PCTC/senior/index.html

2.大学院志願者

臨床系(整形外科)大学院生:下記、要項と異なります。
昭和大学藤が丘病院 整形外科  fujiortho@med.showa-u.ac.jp
昭和大学医学部 整形外科学講座 akiramatsuoka34@gmail.com
へそれぞれお問い合わせください。

基礎系大学院生は上記の【昭和大学 専攻医】募集要項を確認ください。
(2年間の基礎研究室で研究中は、専門研修の単位は認定されません)

採用方法

◇2019年度 試験および面接日程

日時:2018年12月8日(土)
12:00 試験開始(11:30開場)
13:00 面接(遠隔地の受験者から順次)

場所:昭和大学病院中央棟7階 会議室(旗の台)

持込可能:辞書、電子辞書
持込禁止:タブレット、Mobile phone

注意事項:2019年度マッチング(試験)に必要な書類の提出については期日等が未定のため、確定次第ホームページでお知らせ致します。

定員
募集方法 1)必ず
昭和大学藤が丘病院 整形外科  fujiortho@med.showa-u.ac.jp
昭和大学医学部 整形外科学講座 akiramatsuoka34@gmail.com
へご連絡ください。

2)次に、指示があってから
昭和大学
http://www.showa-u.ac.jp/PCTC/senior/index.html
へ申請してください。

【昭和大学 専攻医受付期間】
助教(医科)
待遇:約34万円(住居手当、宿日直手当、時間外診療手当込)
週一日の外勤を可とする。

整形外科専門医を取得するまでの過程

2016年度(2017年3月)以降に初期臨床研修を修了する医師が対象となる専門医制度です。
学会を主体とした専門医ではなく、日本専門医機構が専門医の研修、認定を行います。

初期臨床研修修了後の4年間が対象期間となります。最低2カ所以上の病院(必ず大学病院を含む)で研修をすることになります。脊椎や外傷など11分野48単位の取得が必須となります。

1)新専門医制度の場合(大学院を除く)

1年 2年 3年 4年 5年 6年
卒後 初期臨床研修
(2年)
専攻医
(4年)
専攻医1年~3年

12単位/年


専攻医4年(卒後6年)

・7月まで 4単位 ・7月 専門医申請 ・7月以降 8単位 ・1月 専門医試験

2)大学院志望の場合

例)

1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年
卒後 初期臨床研修
(2年)
専攻医
(4年)
大学院
(2年)
専攻医1年~3年

12単位/年


専攻医4年(卒後6年)

・7月まで 4単位 ・7月 専門医申請 ・7月以降 8単位 ・1月 専門医試験

昭和大学では、整形外科として横浜コース・東京コースとして、研修を行います。
どちらのコースを選択されても、昭和大学藤が丘病院・昭和大学病院(品川区)の両方をラウンドします。

  • 連携病院一覧
    • 昭和大学横浜市北部病院
    • 昭和大学江東豊洲病院
    • JCHO相模野病院
    • 山梨赤十字病院
    • 横浜旭中央病院
    • 新座志木中央総合病院
    • 横浜新都市脳神経外科病院
    • 座間総合病院
    • 東戸塚記念病院
    • 麻生総合病院
    • 戸塚共立第一病院
    • 戸塚共立リハビリテーション病院
    • たちばな台病院
    • 中央林間病院
    • 佐々病院
    • 横浜南共済病院
    • ひたち医療センター
    • あそか病院
    • 今給黎総合病院
    • 大船中央病院
  • 必要単位(1カ月で1単位)
    • 脊椎 6
    • 外傷 6
    • 上肢・手 6
    • 下肢 6
    • リウマチ 6
    • スポーツ 3
    • リハビリ 3
    • 地域 3
    • 小児 2
    • 腫瘍 2
    • 流動 5
  

医学博士号(学位)の取得について

◆大学院卒業者は、『医学博士 甲(課程博士号)』が取得できます。

◆大学院以外の場合は、臨床系から研究を進めて『医学博士 乙(論文博士号)』を取得する事が可能です。
(臨床歴6年以上、昭和大学医学部医学研究科主催の語学試験(英語、辞書持ち込み可)に合格が要件)
※大学院コース以外の方は、全員『医学博士 乙』になりますが、博士号には違いません。

取得可能な専門医・認定医

  • 日本専門医機構 専門医
  • 日本脊髄脊椎病学会 指導医
  • 日本整形外科学会認定 スポーツ医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本整形外科学会認定 リウマチ医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター
  • 日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医
  • 日本医師会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定
    運動器リハビリテーション医
  • 日本救急救命医学会認定医
  • 日本整形外科学会認定
    脊椎内視鏡技術認定医
  • リウマチ財団専門医
  • 日本リハビリテーション医学会 専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本リハビリテーション医学会 臨床認定医
  • 義肢装具等適合判定医
  • 日本リウマチ学会 専門医
  • 身体障害者福祉法指定医 等

先輩からのメッセージ

高木 博 平成6年入局

整形外科医を目指した理由私の父は整形外科医であります。地方の開業医で、医院と家は同じ敷地にありました。幼い頃から医院に顔を出しては、父の仕事を見ていました。患者さんの痛みを和らげてあげることが出来る、怪我をなおして日常生活やスポーツ活動へ戻してあげることが出来る父の仕事にあこがれて育ちました。私自身はサッカーをずっとや...

詳細を見る

酒井 健 平成21年入局

整形外科医を目指した理由私は学生や研修医の頃から、外科系に進みたいと思っていました。手術で患者さんを救うことはやりがいがありそうだなと思っていたからです。研修医の時には、他の外科の入局を考え、迷うこともありました。しかし、整形外科の先生方は忙しい中、検査結果や手術手技、外来での整復固定法などまで熱心に指導してくださいま...

詳細を見る

瀬上 和之 平成21年入局

整形外科医を目指した理由私は実家が山村にあり、病院が近くになかった影響で、初期研修医の頃は救急医を目指していました。しかし,研修医時代に各科の先輩医師から指導を受ける中で、徐々に整形外科に興味を持つようになりました。私は当時、大阪にある淀川キリスト教病院で初期研修医、後期研修医として勤務していましたが、救急医療は基本的...

詳細を見る

中村 弘毅 平成27年入局

整形外科医を目指した理由私が整形外科を目指すきっかけになった一番の大きな理由としては、父が整形外科であることです。幼いころクリニックに忍び込んで怒られましたが、診療する姿を見て漠然とかっこいいと感じました。そのイメージが強く、医学部に入ってからも骨折の治療や変性疾患の治療やリハビリに興味をもっていました。学生実習の時、...

詳細を見る

先輩からのメッセージ一覧はこちら